数多くの種類がある

顔を隠す女性

アフターピルと一口に言っても、その種類は豊富にあります。ですが、数ある種類の中でも大きく2つのタイプに分けることができるのです。
それぞれの種類によって、全く効果や服用の方法まで違っているので、アフターピルであればどれでも一緒と考えずに、適切に服用することが必要不可欠です。

アフターピルには、LNG法とヤッペ法と呼ばれる二つのタイプがあるのです。
それぞれに避妊率や、副作用の強さが違っているので、どちらのタイプのアフターピルを利用するのかというのは非常に重要になります。
自分にとってより適しているものを選ぶことも非常に重要です。
アフターピルは最後の手段となる避妊薬ですので、副作用が強めに出てしまうという傾向が強いため、自分に合う方を選ぶことはとても重要なのです。
また、それぞれの治療薬ごとに価格や、飲める時間も決まっているのでそうしたことについて、適切に把握しておくということが重要になります。
アフターピルは避妊に失敗したらすぐに服用することが肝心です。避妊失敗から、服用までの期間が大きくなれば大きくなるほど避妊できる可能性は下がっていってしまうのです。
ですから、確実な避妊を望むのであれば、常にアフターピルを常備しておくということが重要なのです。
現在では婦人科でも処方してもらうことが出来たりもしますが、婦人科の診察時間などを考えると、どうしても避妊失敗から時間が経ってしまい、避妊の可能性が下がってしまうこともあるのです。